×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

                                                               



スイスイクラブ
設立のきっかけ
なぜ個人指導なのか
集団指導との違い
スイスイクラブの特長
レッスンまでの流れ
実績例
生徒様の声
マスコミ・メディア掲載情報
生徒様から頂いたお手紙










水泳の個人指導 スイスイクラブ
〒134-0088
東京都江戸川区西葛西3-16-20







団体指導と個人指導の違い

・泳力の向上レベルが違う
団体指導でも確かに泳ぎの向上は見込めます。
 しかし、私が今まで団体指導を行ってきて、
「団体指導ではどうしてもお客様一人ひとりにかける時間が限られてしまうため、
お客様一人ひとりにとって100パーセント有効な練習ができない」
というのが現状でした。

癖や骨格や性格などの事を考えると、泳ぎの最良の指導方法は、
一人ひとり違います。


しかしながら、実際の団体指導では、生徒全員を均等に見なければならないので
全員にとってベターな練習をすることが「正しい練習」とされています。
 
そのせいで、団体の中には伸び悩んでしまったり、泳ぎの才能がないのかなと感じてしまう方が実際に何人もいらっしゃったのを目の前で見てきました。

実際に・・・。
・平泳ぎのキックを8ヶ月以上練習してもできるようにならない。

・キックは上手なのに、顔を水につける事を嫌がるので、
 半年以上水慣れの練習しかさせてもらえない

という方もいらっしゃいます。

また、人数の多いクラスに入ってしまうと、実際に自分自身が練習できる時間はわずかになってしまいます。
これではなかなか上達しません。

当クラブは個人指導ですので、団体水泳教室に比べて1ヶ月の受講料は割高です。しかし、短い期間で上達させることができるので、結果的には経済的にも時間的にもお得であると断言できます。
 
本当に習いたい部分を、ピンポイントで習える
 近年の団体水泳教室(特にお子様の教室)では、進級テストが実に細分化されております。進級テストはだいたい月に1回で、もしそれに受からない場合はまたもう1ヶ月先のテストまで同じ練習をしなければなりません。

 本当はテスト項目を上手にできる能力があっても、テストの日にたまたま出来なかっただけで、もしくはテストの日たまたま他の用事で行けなくなってしまった場合、
また1ヶ月間も先月と同じ内容の無駄な練習をしなければならないのです。

 そのためクロールの練習にたどり着くまでだいたい2年くらいかかってしまいます。
もちろん基礎的な練習は大切ですし、新たな友達と出会える可能性がありますので、団体水泳教室にも良いところはあります。

しかし、そこまで時間をかける必要が本当にあるのでしょうか??

 実際に、全く泳げなかった子が当クラブで1ヶ月でクロールを泳げるようになったケースも多々ありました。実際にそういった子達を見て、泳げるようになって喜んでいる姿を見てしまうと、「クロールにそこまで時間を費やす必要はない。」と私ははっきり言えます。

スイスイクラブでは、お客様が本当に水泳で習いたい部分を、ピンポイントで受講、習得できます。

 たくさんの方に水泳を楽しく、いち早く覚えて頂き、水泳を好きになっていただきたいと思います。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。




ページの先頭へ


copyright (C) 2011 mon All right reserved.